廃車手続き

自分で廃車するために必要な書類は何?

廃車手続きについて

廃車する場合はまず永久抹消登録一時抹消登録の2種類があります。解体までする場合は永久抹消となります。
ここでは永久抹消登録でご説明したいと思います。解体業者に車を持ち込み、解体してもらいます。使用済自動車引取証明書を発行してもらいます。廃車手続き時にその証明書が必要となります。解体業者は鉄くずなどを買取りしてもらえますので場合によってはプラスになりますが、それは解体業者によってまちまちです。10,000円~20,000円が解体費用の相場でしょうか。最近はネットで情報収集できるのでお金を支払って解体するのはなく、鉄くず代を加味してくれる業者を探しましょう。

解体処理後に廃車手続きを行います。用紙代が100円程度などでリサイクル料金をすでに支払っている(基本は新車購入時に払います)場合はこれだけで済みますが、それを行政書士や買取店などに委託すると20,000円前後廃車手続き代行代がかかってしまいます。手続きはいたって簡単で、自分で管轄の陸運局に申請するだけですので自分でチャレンジしてみましょう。

解体業者は修理に使えるパーツは外し、それを自動車修理業者に売却します。そこで利益を上げるので解体料金が意外と安いわけです。中には解体業者が事故車買取りという看板を掲げて営業を行っている業者もあります。その場合はパーツ収益やそれ以外を鉄くずとして利益を上げられるので買取りし、お客様に還元することで集客につなげています。

さて、解体が完了した段階で廃車手続きに入ります。そこでは用紙代として100円程度が必要です。抹消登録申請書に必要事項を記載します。また車検証や先の解体時に発行してもらう移動報告番号とナンバープレート(前後の2枚)、それと印鑑証明書、車検証、永久抹消登録申請書(陸運局、運輸支局にあり)、手数料納付書(陸運局、運輸支局にあり)が必要となります。また毎年4/1時点の所有者に支払いが義務付けられている自動車税は残った月日分は申請すれば戻ってきます。また車検時にも支払っている自賠責保険についても同様に加入している損害保険会社に申請すれば戻ってきます。申請しなければ戻ってきませんので必ず漏れの内容に手続きを済ませましょう。

以上で手続きは完了です。代行を依頼して1万円~2万円を支払うなら自分で行ってみましょう。もし手続きに時間がないのなら代理申請も可能ですので、その時は委任状を用意し申請を委任しましょう。

事故車を買取するお店を探すなら
事故車の買取実績ならカービュー

廃車手続きにお金も必要です。しかし買取りならお金がもらえます。どうせ手放すなら買取査定をしてみませんか?カービューならあなたの愛車の価値を1円でも高くします。

carviewトップ画面
見積もりならこちらから
かんたん車査定

中古車査定は最大何社に依頼できると思いますか?こちらの簡単査定ガイドなら最大なんと10社。その中から一番高い提示のあった買取店に売却するだけ!廃車するより絶対お得な中古車買取店に今すぐ査定依頼!

ポイント還元の楽天オート
見積もりならこちらから

廃車する前に無料の買取査定を!

廃車しようと思った車がなんと10万円に?という驚きの声も。あなたの車のパーツがとんでもない価値があるかも!?

事故車でも買取できるカービュー査定

買取査定のそのあとに